MENU

 社会人1年目で、毎日激しい仕事に見舞われてしまって頭がてんてこ舞いって感じになってしまっているんです。
社会人になると、これほどまでに仕事が激しいくなってしまうのかなんて、つい泣き言が出ちゃうぐらいでした。
仕事のストレスが溜まってしまうと言うのが、本当によく理解できるようになっていました。
学生時代とは全く違う生活環境に置かれてしまうわけだし、当時のようなのんびりした時間を過ごすこともできないのです。
がむしゃらに仕事をしなければならないし、まだまだ覚えなければならない事も多くて本当に大変です。
この仕事のストレスを発散するためにも、やっぱりセックスは一番だって思うんです。
だけど彼女もいないから、それも不可能で帰宅してからのオナニーで我慢している状態なんです。
大学時代からもあまりモテませんでしたから、女性とお付き合いをした回数も少ないのですが、それでも何回かは関係を持つこともできてセックスも楽しめていました。
ところが社会人になってからというもの、その出会いというものは完膚なきまでになくなってしまったのです。
こうなると激しい欲求不満にも見舞われてしまうし、仕事のストレスも解消できないから二重苦となってしまったのでした。
同期入社の同僚と酒を飲みに行った時の事、恋人がいるかいないかなって話になったんだけど、彼にはセフレがいると話出したのです。
彼の話では出会い系サイトを利用してセフレ募集をすれば、相手をみつける事は可能であると話てきました。
全然セックスできていなかったから、自分もこのような関係を作りたいという気持ちになったのでした。
セフレ探しの方法を詳しく聞き出すことで、自分にもチャンスが巡ってくるかもしれないと思ったのです。
面倒な付き合いもなくセックスするだけの相手、これってかなり、お得じゃないかと思うことができました。
同僚からセフレの作り方を教えてもらえば、高い確率でセフレ募集で相手を手にすることができるかもという気持ちになっていきました。

 

 彼女ができる気配もないから欲求不満状態、さらにストレスのでもしかかってくる始末。
このままでは完全に崩壊してしまうんじゃないかという状態になっていた頃に、同僚がセフレを作って楽しんでいるという話を聞かされたのです。
彼もどちらかと言えば非モテ男なのに、セックスの相手を見つけられると言うのです。
彼は優良出会い系サイトを使うことで、どんな男にでも相手を手にするチャンスがあるんだと豪語してきました。
だったら自分もセフレ募集で一発決めてやるという気持ちになっていったのです。

 

 

名前:静宮 雅久
性別:男性
年齢:23歳
プロフィール:
 セックスはしたい気持ちは何時だって強力の程までに持っていたのですが、なかなか相手をみつける事ができなかったのです。
彼女ができない状態はかなり長い間続いているし、イケメンでもないから、これからも出会いのチャンスは少なそうでがっかりって感じがしていました。
性欲はかなり激しくなっちゃってるし、毎日のオナニーでは我慢することができない状態になっていたんです。
同僚はセフレを作って楽しんでいるという話を聞いた時は、飛びついてしまったのでした。
自分もセックスの相手が欲しい、だからあれこれ聞くことになりました。